[Single] Cheeky Parade – SKY GATE (2016 02 24/MP3/RAR)

Cheeky Paradeが2月20日に東京・新宿BLAZEにて、グループの結成4周年を記念したワンマンライブを開催した。

2012年2月19日に東京・duo MUSIC EXCHANGEで行われた「iDOL Street ストリート生 LIVE2012~Next Street~」にてiDOL Street第2弾アイドルグループとして結成が発表されたチキパ。それから4年の月日が流れたこの日、彼女たちがメジャーデビューを告げられた記念すべき新宿BLAZEで周年ライブが開催され、9人はコンセプトの異なる2部制のライブで会場を大いに盛り上げた。

1部では9人が歴代の衣装をそれぞれ身にまといステージに登場。会場にはインディーズ時代、東京・汐留AXで定期公演を行っていた際に使っていた懐かしの「Overture」が鳴り響く。ファンのテンションを上昇させたところで、9人は初のオリジナル曲「Cheeky dreamer」を投下してライブを開幕させた。そしてメジャーデビュー以前の楽曲をライブ前半で畳みかけ、さらにMC中にはメジャーデビュー発表時の様子を収めた映像をスクリーンに流し、ファンとともに当時を懐かしんだ。ライブ終盤では2月24日にリリースされるニューシングル「SKY�

そして続く2部では最新曲「SKY GATE」からライブをスタートさせ、成長した彼女たちの力強さをアピール。ライブ中盤では”エクササイズアーティスト”という肩書きを持つNERFY GUINER BIEBERことガイナーが登場し、アシスタントのワタナベ、ロギーと共にオリジナル曲「GARLIC&ONION」にあわせてオーディエンスを強制的にエクササイズへと誘った。

そしてライブ終盤で彼女たちは新作の「DANCE ANTHEM」を披露し、ポップでありながらも迫力あるダンスパフォーマンスで会場の熱気をさらに押し上げる。ここで6月にリリースするニューアルバムより新曲「Hungry」をお披露目。疾走感あふれるアッパーチューンによってオーディエンスのテンションを最高潮に誘った。ラストは彼女たちの力強[��感想を語る。

メンバーは4周年ライブを振り返りつつも、6月末でアメリカ・ロサンゼルスに留学することが決定している山本真凜、鈴木真梨耶について胸中を語り出す。その中で渡辺亜紗美は「2人が安心して『ただいま!』って帰ってこれるように、私たちでチキパという家を守っていきます。だから、2人が帰ってくるまでにもっと大きな家にしておかないといけない!」と意気込みを述べた。渡辺の言葉を受けて真梨耶の姉・友梨耶は「2人がLAに行っている2年の間に、アリーナツアーくらいできるようになってるんだから!」とチキパらしい発言で会場を沸かせた。

留学を決めた山本は「改めてこの9人の仲間の1人であることを誇りに思っています。このメンバーとファンの方が待っていてくれると自分の中で信じられたから留学することを決意できました。パワーアップして帰ってきます! チキパは変わらず9人なので、これからもよろしくお願いします!」とコメント。鈴木真梨耶は「私は”Love”と”Thank you”という言葉が好きなので、この2つの言葉はこれからもずっとずっと伝えていきたいんですけど、皆さんがチキパのファンじゃなくなったら誰に伝えたらいいのかわからなくなっちゃいます。LAに留学する2年の間で、まりの代わりに頭を金髪にしてくれてもいいので、だから! チキパのメンバーと一緒に待っていてほしいです」と溢れる思いを打ち明けてファンからの温かい拍手に包まれた。

アンコールではニューシングルのカップリング曲「Faith」を歌唱。彼女たちは「WE ARE THE GREATEST NINE’9」と記されたTシャツを着て、遠くに旅立つ2人との絆を確かめるように同曲を熱唱した。そして関根優那が「チキパが好きな気持ちをぶつけてくださいー!」と叫び、この日の最初にも披露した「Cheeky dreamer」をラストに届けた。最後は関根が「本当に最高だなって言ってもらえるようなグループになります! 私たちはもっと強くなります!」と決意表明し、4周年ライブを大団円で終えた。

1. SKY GATE
2. faith

DOWNLOAD

http://rg.to/file/7f7b38e77b244efd92fc5e2ccae0f8d5/AVCD-39253.rar.html

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>