[Album] JUJU – スナックJUJU ~夜のRequest~ (2016.10.26/MP3/RAR)

10月9日(日)にスタートする沢村一樹主演の日本テレビ系ドラマ「レンタル救世主」。この作品の主題歌「believe believe」を、JUJUと沢村演じる”レンタル救世主・明辺悠五”による限定ユニットが担当する。

この主題歌は当初JUJUが担当することになっていたが、9月中旬にJUJUから沢村に「レンタル救世主として一緒に主題歌を歌ってください」とオファー。沢村は”レンタル救世主”役である明辺悠五への依頼ということで、「全力で取り組みます!」と初めての経験に恐縮しながらも懸命に取り組むことを誓い、ボイストレーニングなどを積んでからレコーディングに臨んだ。

楽曲は”JUJU feat. 明辺悠五”名義のデュエットソングで、歌謡曲のような雰囲気をまといつつアップテンポな曲調。気になる人はドラマ初回放送をチェックしてみよう。

「JUJUオリジナルストッキング」告知ビジュアル
なお、JUJUは10月26日にカバーアルバム「スナックJUJU ~夜のRequest~」をリリース。このたび収録曲順が公開され、発売に際して「JUJUママとして何か記念にもなるグッズを作りたい」という思いから、オリジナルストッキングの商品化が決定した。ストッキングは10月10日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催されるライブ「-ジュジュ苑スペシャル- スナックJUJU」の会場およびセブンネットショッピングにて購入できる。

沢村一樹 コメント

■レコーディングを終えてみての感想、手応えははいかがでしたか?

とにかく緊張しましたし、改めて「歌手の方ってすごいな」と率直にそう思いました。ただ確かにドラマ「レンタル救世主」・明辺悠五として様々な依頼を受けます!と言ってはいますが、まさかJUJUさんから主題歌のオファーが来るとは思ってもいなかったので、依頼が来たときには3度聞き返しました(笑)。でも歌い始めてみるととても楽しくて、なんでも一度はやってみるものだな、と思いました。日曜ドラマの曲として、「明日からも元気に!」なれる曲になっていますので、ドラマと一緒に是非お楽しみください!

■今回とは別に、沢村さんはJUJUさんにレンタル依頼するとしたら、どのようなことを頼みたいですか?

犬の散歩中に鼻歌を歌っていると先ほどお聞きしたので、ドラマの撮影の合間や、食事の際に鼻歌でいいので、是非歌いに来ていただけると活力になりますね。何度かライブにも行ったことがありますが、疲れているときや、ここ一番の場面で生歌を聴けたら嬉しいです!

JUJU コメント

■レコーディングを終えてみての感想、手応えは?沢村さんの歌声はいかがでしたか?

昔から沢村さんのことは大好きだったので、まさか一緒に歌える時が来るなんて思っていませんでした。「レンタル救世主」様様です(笑)! 普段も素敵な声だなと思っていましたが、実際に歌っていただいて、やっぱり素敵な歌声でとても感動しました! 「レンタル救世主」に頼んでよかったです!

■曲の特徴を教えてください。

ドラマが、助けてと言えない人、人を信じられない人が、心のSOSをレンタル救世主に依頼し、救世主もまた依頼主に信じてもらうため命を懸けて依頼に応える、というどこか切なく、でも最後は温かい作品だと感じ、その思いを込めて作りました。是非たくさんの方々にドラマを見て、そしてこの曲を聴いていただき、楽しい週末から新しい1週間に前向きな一歩を踏み出していただけたらと思っています。

1. 六本木心中
2. ロンリー・チャップリン with 鈴木雅之
3. 夏をあきらめて
4. まちぶせ
5. 桃色吐息
6. 駅
7. 二人でお酒を
8. DESIRE -情熱-
9. 恋におちて
10. 夢の途中
11. シルエット・ロマンス
12. つぐない
13. ラヴ・イズ・オーヴァー
14. 恋人よ
15. GOODBYE DAY

DOWNLOAD

http://alfafile.net/file/wTs4/Snack_JUJU_-_Yoru_no_Request_-.rar%5D

If You Like Then Share Us on Facebook, Google Plus, Twitter ! Recomended for High Speed Download Buy a Premium Through Our Links !

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>